走・想

はしることはいきること
いきることにおもうこと

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

photo by スポンサードリンク

Day 5 arches


赤い山をずんずん登ると、頂上に残されたアーチに会えた。
すごい。素敵。
photo by uroko

Day 4 great basin


山に挑む。
足下は雪と氷で思うように歩けない。
冷たく澄んだ空気は薄く、心臓がどくどくするけど
一歩一歩踏みしめてしっかり登る。
頂上を目指すのも、留まるのも、引き返すのも自分の意志。
どこに行くにしても、まず小さな一歩から。
photo by uroko

Day 3 drive to great basin


ネバダの carson city から great basin までつながる道は
360度見渡す限り、車も人もまったくいない、大自然の景色が続く。
見えるラインは3本だけ。
地平線、山の端、そして、どこまでもまっすぐ続く50号線。
荒野の真ん中にあるガソリンスタンドで久しぶり見る人間が目新しく映る。
photo by uroko

Day 2 yosemite


Yosemiteでは自転車を借りることにした。
広い公園内をあちこち見て回るには、徒歩より都合がいい。
紅葉の始まった黄色い山の中を走る。
きれいな空気が心地よい。
photo by uroko

Day 1 to mono lake.


L.A.を出発し、freeway 5, 14, 395を使い、
yosemiteの近くの村 monolake までドライブ。
人口約300人の小さな村で、一件だけあるレストランで夕食。
オーダーしたシェフサラダのゆで卵とハムが腐ってる。ひでえ。
初日からこれか。モーテルで米を炊き、おにぎりを作る。
アメリカでの旅に炊飯器は欠かせない。
photo by uroko

week 7 さぼりぐせ


走+歩 120min
ひさびさの練習。走れない言い訳をしたらきりがない。
仕事も旅行もゲームもやらなきゃいけないし。
ああ忙しい、忙しい。
photo by uroko

week 6 復活


歩・走・歩 10min 40min 10min
風邪が快方に向かい、久しぶりの山。
視線を感じて目を上げると、木陰からのぞく二つのかわいい瞳。
どうよ? 調子は。
photo by uroko

week 5 風邪


風邪のため見学。
家から車で10分走れば山。
逆の方向へ10分走れば街。
田舎も都会も堪能出来るL.A.は素晴らしい。
photo by uroko

week 4 曇り


歩+走 30min
昨日まで暖かかったのに、今日は寒い。
いつもの青空と打って変わって曇り空のL.A.
急激な気温の変化について行けず、風邪などをひく。不覚
photo by uroko

week4 パターン


week4 走+歩 45min
どうやら日曜日の朝は疲労が激しくて走れないらしい。
金曜日の5milesと土曜日の仕事の疲れが抜け切らない。
それにしても、今日のL.Aは、12月も間近だというのに
気温31℃。
暑。
photo by uroko

week 3


走+歩 5 miles 80min
犬二匹、ぶーちゃんとクロちゃんと走った。
クロちゃんは水たまりの中を走りながら水を飲む。
私もマラソン当日までには走りながら飲むという芸当を身につけなければならない。

photo by uroko

week 3 priority


week 3  歩・走・歩 10min 30min 10min
エンドレスに続くかと思う24時間では足らないような毎日。
ジョギングに1時間費やすよりも寝ていたい朝。
やらなければならないことに追われている時は
やりたいことを後回しにしている。
ヤリタイコトが出来ない人生なんてつまらない。
ヤラナケレバナラナイコトなんて
本当はヤラナクテモイイコトなのかも。
photo by uroko

week 3 余裕


走+歩 45min
朝起きたら、体中が痛い。
そんなときでもとりあえず山へ行ってみる。
走れなくても良い。
途中で引き返しても良い。
大切なことは
今日出来ない自分を責めることではなく
明日出来る自分を信じる余裕。
photo by uroko

week 2 目標

week2 目標
歩+走 5 miles 75min
始めて距離を意識して走ってみた。
思っていたほど辛くない。
ロサンゼルスマラソンを完走するという
同じ目標を目指すランナーたち各々に
それぞれの目標が存在するだろう。
私の目標は
完走すること と
マラソン当日まで週3の練習を続けること。
目標は達成することよりも
達成するまでにどのように頑張るかの経緯に価値があるのではないだろうか?
地面を蹴り、前に一歩一歩進む。
その小さな積み重ねは軽視してはならない。
photo by uroko

blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Recent Trackback
>> Links

このページの先頭へ